読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にくろぐ

効果の高い筋トレや、体脂肪落とすダイエットなど、お役立ち系を週4筋トレしてるヤツ(34)が書いてます。

【髭の濃い男性必見】人生で60万円は得するのでヒゲ脱毛はものすごくオススメしたいです。

脱毛

f:id:komochimi:20170215125343j:plain

何を隠そう私は「ヒゲ脱毛」を5年前からしていて、湘南美容外科のヒゲ脱毛に通っていた。
鼻下、口まわり、アゴ下とセットで回数無制限。当時は68000円くらいだったと記憶していて、2ヶ月に一度通っていた。
おかげで今は数本程度しか生えなくて毛抜きで抜くぐらいでヒゲの処理は完了している脱毛ライフを送っています。
あれから数年経ち、ヒゲ脱毛に通う男子が結構増えてきて、新しいサロンも多くなってきているので、これからヒゲ脱毛に通うか迷ってる人にとって参考になっていただければと思いますので、書いていきます。

生涯ヒゲ剃りにかかるお金はざっと72万円

20歳から80歳までヒゲを剃ったとして、毎月1000円かかるとする。
すると1年間で12000円。80歳まで60年間=72万000円かかる計算になる。
これは単純計算だが、ブラウンやラムダッシュなどの髭剃りマシンを買ったとしても、よく考えてみるとやっぱり月1000円くらいは維持費がかかってると思う。
他にもT字カミソリやクリームとかにお金がかかっているからね。

ヒゲで悩んだ過去

私はお母さんに高校卒業して就職祝いにブラウンの自動洗浄髭剃りを買ってもらったが、あの洗浄液のコストがなかなか高い。夏場になると干からびる欠点が納得いかなかった。
ヒゲもものすごく濃くて、もみあげと鼻毛とヒゲが5日くらいでつながっていた。笑

綺麗に剃っても青くて、極めつけには8年前くらいにビジュアル系みたいなメイクをやっていた頃にファンデーションを塗っていても青いのがわかるレベルで、決まって翌日には毛穴にニキビができていた。

剃る時間も勿体無いし、剃るだけでカミソリ負けとか肌のトラブルになるのがすごく嫌だった。年いってヒゲを伸ばしたくなる頃もあるかもしれないけど、綺麗な肌でずっといたいってのが一番の動機だったと思う。

永久脱毛は針脱毛(ニードル)と光照射の方法がある。

これから脱毛をやるという人には、絶対にTBCとダンディハウスには行ってはいけない。
なぜなら、この2箇所は結構高く、コースにもよるが完了まで2年で約20万円以上必要になってくる。
そんなにかけず、3年で10万円以内でヒゲを永久脱毛することを計画してほしい。

・針脱毛(ニードル脱毛)
少しヒゲを伸ばして、1本1本毛を抜いて電気で毛根を殺していく方法である。

・光照射(光脱毛)
ヒゲをきれいに剃って、毛根にあるメラニンを高温の光で照射し殺す方法。

どちらの方法もやった後、少しヤケドしたような後が残るが、1~2日で良くなる。私の場合はやった日に一晩寝れば何ともなく戻った。
ちなみにどちらも鼻の下とかは結構痛い(笑)

私がオススメするのは光脱毛からの針脱毛

針脱毛は30分6000円くらいがだいたい相場であり、1本1本やっていくのだから相当時間はかかる。いかに施術が早くても1分で3~6本くらいしか抜けないのではないだろうか。
最初から針でやろうとすればなんだかんだで15万くらいはしてしまうと推測する。

光脱毛だと数本生きたままの毛根がでてくるが安いので、仕上げに針脱毛という感じにすると良い。というより私はそうしてるっ!

初来店で半額キャンペーンやってるところが多い

今では、お試し価格やキャンペーンなどもやってるところが多いので、予約する際はヒゲを剃って行ったらいいか、化粧水などはつけないで行ったほうがいいか聞いてから行こう!
ヒゲ脱毛、髭脱毛 地域 で検索して5ページくらいまでは検索して店を選んでみるといいと思います。
では、あなたにも幸せなツルツル脱毛ライフが訪れますように。
コメントいただけたらいくらでも返信します。

ダイエット中の人が、長距離移動する際に飲むと効果があるペットボトル飲料

プロテイン・サプリメント

f:id:komochimi:20151130122224j:plain

ダイエット中の方や、トレーニング中の方が車や電車で長距離の長時間移動する際に、大半の方が、コンビニや自販機で飲み物を購入されると思いますが、脂肪燃焼や筋肉増強といった観点で個人的におすすめしたものを数点ご紹介したいと思います。

とにかくアミノ酸(BCAA)の摂取を

たんぱく質の重要性については、常々記事でも取り上げていますが、
たんぱく質を分解すると20種類のアミノ酸になります。
この20種類のアミノ酸のうち、11種類は体内で合成することができますが、
残りの9種類については体内で合成できません。

必須アミノ酸とは、
バリン・ロイシンイソロイシンなどを言います。
この3つをBCAAと呼びます。

筋肉の分解を抑え、お肌のハリを良くしたり(美肌効果)、筋肉の生成、
疲労回復やストレスを和らげたり、肝機能を強くしたりもしますので、
この効果を飲み物で摂取していきましょう。
では、飲み物のご紹介です。

1.アミノバリュー

アミノバリュー4000 500mL

■栄養成分;(100ml当たり)
●エネルギー;18kcal
●タンパク質;1g
●脂質;0g
●炭水化物;3.6g
●ナトリウム;49mg
アミノ酸;1000mg(パリン200mg・ロイシン400mg・イソロイシン200mg・アルギニン200mg)
クエン酸;450mg

これは一番のおすすめです。ポカリスエットよりおいしいです。
私は車移動が多いので、常時車の後ろに段ボールで置いてるくらいお気に入りです。
ドラッグストアにしか売ってないので少し不便ですが、何の栄養も無い普通のスポーツドリンクを飲むより素晴らしい飲み物だと思います。
カロリーも1本約70kcalでたんぱく質が5g摂れる優れモノです。

2.アミノバイタルGOLD

キリン アミノバイタルGOLD 2000ドリンク 500ml×24本

(製品100mL当たり)
エネルギー・・・13KcaL
たんぱく質・・・0.4g
脂質・・・0g
炭水化物・・・2.8g
ナトリウム・・・16mg
アミノ酸・・・0.4g(ロイシン 160mg、イソロイシン 43mg、バリン 44mg、他アミノ酸 153mg)

こちらもドラッグストアのみですが、アミノバリューが無い時に私は購入します。
アクエリアスに近い飲み口です。
こちらも常飲してもいい飲み物と言えます。

3.ブラックコーヒー

ドトールコーヒー レアルブラック 400g×24本

本当に何も無くてとにかく何か飲みたい時は、ブラックコーヒーです。
コーヒーは脂肪燃焼に効果がありますし、健康にも1日2・3杯がよろしいようです。

まとめ

この上記3点以外だと、ただ普通に水を飲みましょう。
ですが、せっかく飲むならこういったBCAAの入ったドリンクを摂取していきましょう。
何物でも摂り過ぎは良くないので、せいぜい1日2~3本程度にしておきましょうね。
ということで、せっかく何か飲むなら買うならという視点でご紹介させていただきました。